本文へスキップ

埼玉県川口市の中医学(中国伝統医学)専門はり灸治療院。石上鍼灸院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.048-446-9860

〒332-0023 埼玉県川口市飯塚3-7-28

外因(六淫)

寒邪寒邪

 寒邪は陰に属し、陽気を損傷しやすく、また気血の流れを阻滞させることが多いので、痛みの主な原因となります。

  • 寒邪の特徴
@冷やす
 全身や局所の冷寒症状をあらわします。例えば全身が寒い、手足が冷える、腹部が冷える、寒けなどの症状をあらわします。
 さらには分泌物や排泄物がサラサラで、薄く透明色になります。例えばサラサラの鼻水、尿が多く薄い、痰・帯下などの分泌物がサラサラするなどの症状をあらわします。
 いずれの症状も、寒い日や冷やすと症状が悪化し、温めると緩和するという特徴があります。

A収斂性がある
 寒邪は縮こまる、ひきつるなどの特徴をもちます。具体的には、寒邪が体表に侵入すると、汗孔が閉じ汗が出づらくなります。また、寒邪が経絡に侵入すると、筋のひきつれやこわばりなどの症状を起こします。

B凝滞性がある
 寒邪が体内に侵入すると気血の流れが停滞し、こわばり、激しい痛み、運動制限などの症状を起こします。

C陽気を損なう
 寒邪が体内に停滞するとまず陽気を損ないます。そこで、足腰が冷たい、尿が近い、尿が多くて薄いなどの陽虚症状をあらわします。

  • 寒邪の病証
@寒邪が表に侵入したときの症状
 激しい寒け、ひきつづき発熱、寒けは温めても変わらない、汗が出ない、頭痛、つなじや背中のこわばり、関節痛など

A寒邪が経絡に停滞したときの症状
 激しい痛み、痛む場所が一定している、患部の腫脹、すべての症状が温めると緩和し、冷やすと悪化するなど

B寒邪が臓腑に侵入したときの症状
 腹痛、下痢、腹鳴、嘔吐、手足の冷えやひきつれなど

◆内寒とは?
 陽気が虚弱となり、臓腑の機能が衰えて起こる水液の運化障害、濁陰貯留の病証です。腎陽は水液の調節を主っていてます。また、脾は腎陽の助けをかりて水湿の運化を主っています。内寒証の多くは脾腎陽虚で、手足の冷えあるいはむくみ、腹痛、嘔吐などの症状があらわれます。内寒の特徴として、鼻水、小便、痰などが薄く澄んでいます。小便は透明で量が多く、痰や鼻水はサラサラで白あるいは透明です。

埼玉県川口市の中医学専門はり灸治療院【石上鍼灸院】このページの先頭へ

石上鍼灸院ロゴ石上鍼灸院

【中医学専門はり灸治療院】
〒332-0023
埼玉県川口市飯塚3-7-28
TEL 048-446-9860



【患者さんの来院範囲】
埼玉県川口市、さいたま市、草加市、蕨市、越谷市、戸田市、和光市
東京都北区、板橋区、練馬区、足立区、群馬県、千葉県、神奈川県などから来院していただいています。


Link