本文へスキップ

埼玉県川口市の中医学(中国伝統医学)専門はり灸治療院。石上鍼灸院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.048-446-9860

〒332-0023 埼玉県川口市飯塚3-7-28

臓象学説(臓腑学説)各論

腎と膀胱の働き

黄帝内経にこうあります。
腎:作強の官、技巧を出づ  ※技巧は主に知力を指します
 生命維持のための原気をつくり、根気や忍耐力を形成します
膀胱:州都の官、津液を蔵して気化するときはよく出づ
 水液を貯蔵するタンクの役割です

腎膀胱
 
参考文献)医歯薬出版「わかりやすい臨床中医臓腑学」王財源著

腎の働き

腎 腎の主な機能は、生殖、成長、発育を促す働きです。また、排尿、水液の代謝、呼吸にも腎が関与しています。腎精が不足すると、新生児では成長が遅れたりします。成人であれば老化が早まります。男性ではED,女性では不妊などの症状があらわれます。実際、当院の患者様で、腎が虚しているために、30代で髪の毛が全て白髪になっている方、産後歯がぐらつきひどい腰痛になった方などがいました。

  • 腎は精を蔵す
 腎には精気を貯蔵して、外に流出させない働きがあります。腎が貯蔵する精(腎精)には、先天の精と後天の精があります。先天の精とは、父母から受け継ぎ腎本体に宿る精気で、生育繁殖の最も基本的な物質として、人の生殖・生長・発育・老化に関係しています。
 後天の精とは、五臓六腑によって化生された水穀の精微が生体の生理活動に供給された後、その余剰部分が腎に貯蔵されたもので、人体の生命を維持し、各組織器官を滋養し、生長・発育を促す基本物質です。
 腎の精を蔵する働きが正常であれば、人体の生長・発育・生殖機能は正常に保たれます。腎精が不足すると、幼児では、歩くのが遅い、歯が生えるのが遅い、体が小さい、よく転ぶなどの症状があらわれます。さらに成長期以降は、初潮が遅いなどの発育遅滞現象や不妊、性欲減退、インポテンツ、閉経がはやいなどの性欲・生殖機能の低下、および歯が抜ける、髪が白くなる、聴力の低下、尿失禁、足腰の衰えなどの老化現象があらわれます。

  • 腎は水を主る
 腎には水液代謝を担い調節する機能があります。体内の水液代謝には、脾の運化・肺の先発粛降・腎の気化作用が関与してますが、最も重要なのは腎の気化作用です。腎は、肺の粛降作用により膀胱に運び込まれた不要な水液を尿として排泄させ、同時に水液の一部を再び肺にもどす働きをしています。
 この働きが失調すると、不要な水液を尿に変化できなくなり、尿が少ない、尿に勢いがないなどの症状があらわれ、体内に水液が停滞するとむくみがあらわれます。

  • 腎は納気を主る
 腎には肺が吸入した清気を摂納(受け入れ納める)し、呼吸が浅くなるのを防ぐ働きがあります。人体の呼吸が正常に保たれるのは、肺と腎が互いに協調しているからです。もし腎気が不足すると、腎の納気作用は減退して清気を摂納することができなくなるため、呼吸障害、特に息が深く吸えないなどの症状があらわれます。

  • 腎は骨を主り、髄を生じ、脳に通ず
 腎精が化生して髄がつくられます。この髄から骨がつくられ、また髄が集まることで脳が形成されます。したがって、腎精が旺盛であれば、骨格は正常に生長・発育し、骨は堅固なものとなり、脳は健全に発育し、知力が聡明になり、動作が精巧になって様々な能力が向上します。もし逆に腎精が虚損すると、骨がもろい、背中や腰がまがるなどの骨の老化症状や、めまい、頭痛、頭がぼーっとするなどの頭部症状があらわれます。

  • 腎は二陰に開竅す
 二陰とは、前陰(尿道と生殖器)と後陰(肛門)とをさします。尿液の貯蔵と排泄は膀胱で行われますが、これらは腎陽の気化作用に依存しています。そのため腎陽が不足すると、頻尿、小便失禁、遺尿などの排尿異常やインポテンツなどの症状があらわれます。一方、糞便の排泄は後陰で行われますが、これは脾と大腸の機能にも関係しています。この場合にも、腎陽による温煦作用が必要となります。腎陰が不足すると腸液が枯渇して便秘となります。腎陽が虚損すると、便秘や下痢が起こります。また腎の封蔵機能が失調すると、慢性下痢や滑精などの症状があらわれます。

  • 腎は耳に開竅す
 腎精は経脈を経て耳に通じているため、腎精が満ち溢れていたら聴覚は鋭敏となり、音に対する識別能力が高まります。もし腎精が虚衰すると、耳鳴り、聴力減退などの症状が起こります。

膀胱の働き

  • 膀胱膀胱は津液を蔵するを主る
 余剰の水分や老廃物は腎の気化作用によって、体内の膀胱に注がれ、一定量まで蓄えられたあと体外に排出されます。このような膀胱の蓄尿と排尿機能はすべて腎の開闔作用に依存しています。もし腎の開闔作用が失調すると、尿が出ない、尿がタラタラと漏れる、頻尿、尿失禁などが生じます。
このページの先頭へ埼玉県川口市の中医学専門はり灸治療院【石上鍼灸院】

石上鍼灸院ロゴ石上鍼灸院

【中医学専門はり灸治療院】
〒332-0023
埼玉県川口市飯塚3-7-28
TEL 048-446-9860



【患者さんの来院範囲】
埼玉県川口市、さいたま市、草加市、蕨市、越谷市、戸田市、和光市
東京都北区、板橋区、練馬区、足立区、群馬県、千葉県、神奈川県などから来院していただいています。


Link