本文へスキップ

埼玉県川口市の中医学専門はり灸治療院石上鍼灸院ブログ

中医学(中国伝統医学)専門はり灸治療院

中医学は数千年前から臨床現場の経験を積み重ねて理論体系化されている医学です。症状以外にも、顔色や、舌、脈などを総合して判断するため、大変面白く奥深いものです。ここでは中医学の話を中心に、私のプライベートなことも載せています。

◆除湿機購入

2017年7月10日(月)

こんにちは、埼玉県川口市の中医学専門石上鍼灸院です。

ここ数日、最高気温が35℃前後とかなり暑い日が続いてますね。
体が追い付かず、辛く感じますね。
しかし、当院にとって暑さ以上にやっかいなのは湿度です!
お店が店舗用のつくりなので、窓がなく、ドアが入り口と裏にあるだけ。
しかも、裏はお隣の家がかなり隣接しているので、風が抜けません。
そのため、毎年この時期から秋口にかけて高湿度の室内になってしまいます。

毎年エアコンの除湿でしのいできました。
ただ、エアコンの除湿って効果ありますか?
もちろん、起動し始めはかなり快調に湿度が下がるのですが、室温が設定温度になってしまうと、止まりますよね。
そうすると一気に湿気がやってきて、もとの湿度に戻ってしまいます。
というより、部屋の湿度計をみると、エアコンをつける前より湿度が上がってしまっています。
これは素人考えですが、室温が下がってエアコンが止まっている間、エアコンの中を乾燥させようとして弱い送風になっていて、そのため湿気のある風が出てきてしまっているのではないかと思っています。
違うかもしれませんが、そう感じるくらいエアコンの後に湿度が上がってしますのです。

先日、湿度が90%弱にまでなってしまい、皮膚はべたつくわ、モワッとしてイラつくわで限界を感じ、除湿機を購入する決心をしました。
ネットで調べていたら、お値段がお手頃で、なにより静かだという除湿機を見つけました。
こちらの除湿機です。
除湿機
除湿の範囲は13畳までと書いてありました。
当院は14坪なので、大丈夫かなと思ってしまいました!
おバカなところが出てしまし、畳と坪を同じぐらいと考えてしまったのです。
実際は、1畳=1.6562uで、1坪=約3.3uです。
つまり14坪だとだいたい28畳になります。
やってしまいました。
でも、素人的には80%の湿度が60%にならなくても、70%くらいにはなってくれるのではないか、なってほしいと願い電源を入れてみました。

結果・・・この除湿機に表示されている湿度が数%下がりましたが、室内の湿度計は全く変化なし。
残念ながら、この除湿機の周りだけは少し除湿されているのでしょうが、部屋の湿度は1%も下げることはできないようです。
よく考えれば、そりゃそうかとも思います。

せっかく買ったのだから、サーキュレーターと組み合わせて使ってみたりしましたが、やはり効果はありませんでした。
やはり、ジトジトして患者さんにも不快感を与えてしまいますし、何より私が気持ちよく治療にあたれないのが良くないと思い、広い部屋に対応している除湿機を買う決心をしました。
次はネット調べも慎重です。
最近自分のスマホをシャープ製に変えたこともあり、シャープの除湿機にすることにしました。
その除湿機がこちらです。
除湿機1除湿機2

さて、気になる除湿可能面積ですが・・・28畳です!
お値段は3万円ちょっとしましたが、環境を整えるのは大事ですもんね。
さぁ楽しみに電源を入れてみた感想です。
正直言うと思ったより湿度が下がらないなと言う感じです。
除湿可能面積ギリギリと言うこともあり、1時間で5%下がったくらいです。
でも、冷房と一緒に使うと一気に50%くらいまで下がりました。
除湿機3
冷房も室温が下がると止まりますが、前のように80%くらいまで戻ることはなく、なんとか60〜70%くらいの間でキープしてくれています。
おかげで室内環境がかなりよくなり、なかなか快適に治療をすることが出来ています。
また、プラズマクラスターがついているので、消臭効果もありお灸のにおいも軽減してくれているようなので、購入して良かったです。
朝から起動させていると、夕方にはタンク(3.1リットルで満水)がいっぱいになります。
かなりの水がとれますよね。
湿邪は、体が重だるい、むくみ、食欲低下などの影響がでやすい外邪なので、当院のなかくらいは湿邪の影響がない環境にできるかなぁと思います。
ちなみに、最初に買った除湿機はというと、トイレに使っています。
当院のトイレは場所が悪いのか、湿気がたまりやすい気がするので、帰るときにトイレで起動しておくと、翌朝カラッとしたトイレになっています。(何か表現が変ですね)

台風や湿度で体調不良を訴える方は、体の外気への対応力が低下している場合があります。
鍼灸治療では衛気という力を補って対応力を強くすることができます。
また、ジメジメしたときに温泉にはいったり、運動で汗をかいたりするとスッキリしますよね。
そのようなことでも、湿邪を追い払うことができるので、自分なりの対応方法を見つけるのがよろしいかと思います。
まだまだ夏本番はこれからです。
体調を崩さないように気をつけましょう。



中医学専門はり灸治療院
石上鍼灸院

〒332-0023
埼玉県川口市飯塚3-7-28
TEL.048-446-9860