本文へスキップ

埼玉県川口市の中医学(中国伝統医学)専門はり灸治療院。石上鍼灸院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.048-446-9860

〒332-0023 埼玉県川口市飯塚3-7-28

台湾 中国医薬大学にて研修

2015年8月31日〜9月4日まで、私の師匠である楊 志成先生の母校で、台湾の台中にある中国医薬大学の附属病院鍼灸科にて研修を受けてきました。その時の様子を簡単にですが紹介します。

中国医薬大学とは?

 1958年に中国伝統医学振興と西洋医学との複合的発展を目的に設立されました。教育内容に中医学を積極的に採用し、台中の附属病院は台湾中部の医療センターの役割を担っています。台湾では最も歴史のある中医師養成大学です。










今回お世話になった 張永賢 教授とは?

 中国医薬大学・ドイツ ハンブルク大学医学博士
 中国医薬大学元副学長、 附属病院鍼灸科元主任
 アメリカ 中医薬学院研究員学術顧問
       イギリス ロンドン中医学院名誉教授など
       来日して講演なども行っている方です。

 張永賢先生は、私の師匠である楊志成先生の恩師になります。今回は楊先生の計らいで、中国医薬大学附属病院にて張先生の針灸診療を観させていただくことができました。これは本当に貴重なことなんです。

 張先生の初印象。挨拶をさせていただいた時、私のような若輩な鍼灸師に対して、「ハロー、ハロー!」と気軽に近づいてきて、肩を4、5回ポンポンと叩きました。私は張先生に包み込まれているような感覚をおぼえ、自分のことを受け入れてもらえていると感じました。一瞬にして張先生の虜になりました。これってすごいことだと思いませんか。言葉にすると軽くなってしまいそうですが、オーラというか、素晴らしい人柄に心を奪われました。適当なことをいえば、張先生に診察してもらうと、辛さの半分くらいは話しているだけでなくなってしまうのではないかと思ったほどです。この挨拶をさせてもらった数秒のうちに、自分も張先生のように一瞬で人の心を和ませられるような治療家になろうと決心してしまいました。
 私自身、自分でいうのも何ですが、人柄を褒めていただくことが多く、人柄に関しては自信をもっていました。しかし、張先生にお会いして、非常に反省をしました。私の人間力が地面だとしたら、張先生の人間力は雲の先の先くらいです。「井の中の蛙」ですね。今回、張先生の人間力を観ることができたことが本当にいい経験でした。今後の鍼灸人生に必ずプラスになる経験です。この研修に誘ってくださった楊先生に感謝です。

見学風景

 病院の鍼灸科の入口には、電光掲示板があり、患者さんはそこにカードを入れて、予約をとっている感じでした。3時間弱で80人くらいの患者さんを治療するそうです。今回は夜の診療でしたが、昼間だともっと患者数が多いとのこと。すごいですね。


 張先生の針を刺すスピードは尋常じゃありません。私には無理です。真似しようとすら全く思えない技です。1人の患者さんに1分もかからず、私は口が開いたまま治療を観ていました。そして、気がつくともう隣のベッドに移動しているんです。言葉も出ませんでした。
 ここで感じたのは、治療のすばらしさはもちろんですが、張先生のカーテンを開けて入るときの元気な挨拶と笑顔です。また人柄の話になりますが、本当に尊敬します。








 この患者さんはロス在住で、治療のため台中に来ているそうです。病名はパーキンソン病です。右手の振戦があり、歩行が困難なので車いすを使っています。写真の奥にいるのは日本工学院の学生さんたちです。
 写真は頭皮針を行っています。頭皮針とは、頭部の皮下に沿って針を入れて様々な病気を治療する針治療のことです。特に脳梗塞後遺症や脊椎損傷などの難治性の麻痺に対して改善効果がみられる治療法です。結果、手の振戦が軽減し、歩くこともできるようになってしまいました。針が刺さっている間は元気に歩けるそうです。ご本人が申しておりました。

 この患者さんは針をしたまま、廊下を何往復もして、私たちに歩けるところを見せてくれました。また、イスのところでスクワットが出来るところも見せてくれました。30人近い日本人の前で、嫌な顔もせず、笑顔で対応してくれたこの患者さんに感謝します。











 最後に張教授(真ん中)と写真を撮らせていただきました。右から2人目が師匠の楊先生で、左から2人目が楊先生のお弟子さんの篠原先生です。一番右の方は、日本の方で、薬剤師の資格を取ってから中国医薬大学に留学中の小泉先生です。通訳をしてくださいました。










 最後は研修させていただいた建物の「中医臨床教育センター」の前で。

 日本にもビル1棟が中医学専門の病院なんてのが出来るといいなぁと、率直な感想。

埼玉県川口市の中医学専門はり灸治療院【石上鍼灸院】このページの先頭へ

石上鍼灸院ロゴ石上鍼灸院

【中医学専門はり灸治療院】
〒332-0023
埼玉県川口市飯塚3-7-28
TEL 048-446-9860



【患者さんの来院範囲】
埼玉県川口市、さいたま市、草加市、蕨市、越谷市、戸田市、和光市
東京都北区、板橋区、練馬区、足立区、群馬県、千葉県、神奈川県などから来院していただいています。


Link